クリニックの施術「医療脱毛」っていったいなに?

脱毛したいならクリニックでしたほうが良い」とよく耳にします。でも「なんでクリニックがいいの?」「医療脱毛ってなに?」「それって安全-?」と思いますよね。今回は脱毛したい人が最初に持つ3つの疑問に答えていきます!

医療脱毛ってなんだ?

医療脱毛とはクリニックで受けることができる脱毛のことです。脱毛の仕方には種類がいくつかありますが、その中でもクリニックが行なう施術は、レーザーを照射し毛根を破壊するレーザー脱毛です。

通常、医療脱毛という場合はこのレーザー脱毛を指します。レーザー脱毛は国から許可を得た医療機関のみが使用できる、脱毛の中でも効果の高い脱毛方法です。

クリニックはレーザー脱毛の使用が許可されているため、医療脱毛は効果の高い脱毛であると言われています。

医療脱毛って安全?

医療脱毛は高い脱毛効果がありますが、「効果が高いってことはパワーの強い脱毛なんでしょ?安全なの?」という疑問も湧いてきますよね。

安全かどうかを考えるためには、そもそもクリニックとは何か?ということを知る必要があります。

クリニックとは、医師が最低1人以上いる医療機関のことです。これは法律によって定められているため、クリニックという名称が付いている機関は必ず医師が1人以上在籍しています。なにか病気になった時にとりあえず行く「かかりつけ医」も大抵の場合クリニックに分類されます。

クリニックが脱毛を行うのには理由があります。「脱毛という行為にはリスクが伴うから」です。

ここでいうリスクとは、身体に現れる様々な症状のことです。

脱毛することで起こりうるリスクを具体的に挙げると、毛嚢炎というできものや、やけど、増毛化といった症状です。このような症状を治療するには、医師の診察・薬の処方を受ける必要があります。

脱毛クリニックは医師が在籍していますから、その場で診察し、必要な場合薬を処方することができます。

脱毛という行為そのものにはリスクがありますが、脱毛するのが医師であれば、万が一の場合に対して医学的な対応をすることができるというわけです。このような。点から考えると、医療脱毛は安全ということができるでしょう。

エステ脱毛との違い

これまでクリニックでの脱毛について説明してきましたが、実はクリニック以外にも脱毛を行なっているところがあります。それがエステです。

ここではエステで受ける脱毛とクリニックで受ける脱毛の違いについて簡単に解説します。

一番大きな違いは、医師が施術を行なっているか、いないかです。クリニックでは脱毛エステは、医師が在籍していません。スタッフは医師免許を有していませんから、医学的な観点から診療をすることができません。

またスタッフは医師ではありませんから、薬を処方することができません。

つまり、やけどや毛嚢炎、増毛化といったリスクに対応することができません。本来これらのリスクは薬を服用することで対処できたり、未然に防げるものですが、脱毛サロンには医師がいないためこのような症状に対応できません。

これが脱毛エステとの大きな違いと言えるでしょう。

脱毛はクリニックでしよう!

「ヒゲ剃りをすると肌が荒れるし煩わしい」というストレスや、「もっとかっこよくなりたい」という思いから、脱毛したいと考えている方も多いかと思います。

しかし、脱毛には少なからずリスクが伴います

やけどや毛嚢炎といった症状が現れる可能性があることを考えると、万が一のことが発生した場合に的確な対応をしてもらえる、信頼できる機関で脱毛するべきでしょう。

その点において、リスクへの高い対応力があり安心できる体制が整っているというクリニックは優良な機関ということができるでしょう。エステでも脱毛することはできますが、クリニックと比べ不安な点が残ります。

脱毛するなら、クリニックで施術を受けるほうがよいでしょう。

おすすめクリニックについては以下の記事を参考してください。

おすすめメンズ脱毛クリニック4選!価格や特徴を徹底解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする